“一三六の拳” まだまだ青春編‼

空手家、整体師、スポーツトレーナー、そして四兄弟の父親である…スポ魂おやじの人生奮闘記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未病(みびょう)という考え方。

最近、検査をしても原因となる具体的な病気は見つからないのに、何となく調子が悪いというような状態が続き、悩んでいられる方が多いようです。
そのような状態を東洋医学では“未病”と言い、既に病気として考えられています。
西洋医学(現代医学)では不定愁訴とか、一過性の○○などといった表現を用いたりしますが、確固たる病名はほとんどの場合つく事がありません。

東洋医学では、この「未病の発見」が重視され、本格的な病気になる前の段階からの治療を最良の治療と考えています。
中国最古の医学書には“上工(じょうこう)は未(み)病を治し、下工(げこう)は已(い)病を治す”とあります。つまり、上工(名医)とは本格的な病気になる前に治すという術(すべ)を持っている人、また、その予防法を教える人と言っているのです。

私たちの体はある日突然、健康な状態から病気になってしまうわけではないのです。
病気に至る前には必ず、体に何らかの不調を覚えます。この段階で体の変調に気づき、体のバランスの調整、体質改善、心的ストレスの除去など、早めに対処する事で自然治癒力を高め、発病を未然に回避することで心身の健康は維持されていくのです。

何はともあれ、体の変調に気付きましたら早めの解決をお奨めします。なぜなら、病気になって悲しい思いをされるのは、他でもないあなた自身とあなたを大事に思う人達なのですから・・・。

ランキング参加中です。
整体マークをポチッ!とクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

スポ魂おやじ

Author:スポ魂おやじ
一三六の拳へようこそ!
生年月日:1971.6.3(40歳)
血液型:B型
好きな言葉:「一心不乱」

投票
BMI計算
ランキング情報
ランキング
ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
記憶力検定
非常ボタン
 
アクセスカウンター
 
 
 
 
カウントダウン
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。